税込経理方式

税込経理方式は文字通り 税込 で会計処理をおこないます。税込で処理するので仕訳には消費税の勘定科目が出てきません。

たとえば 本体価格 500 円の木彫りの人形を現金販売した場合の仕訳は以下のようになります。

借方貸方
現金550 売上550

本体価格 500 円と標準税率 10%の消費税 50 円を合わせて 550 円になります。この消費税 50 円を分けずに合計金額の 550 円をまるごと売上として仕訳してしまいます。これが税込経理方式です。

商品の内税 外税とは関係ありません
あなたが販売している商品が税込表示 内税 であるとか 税抜表示 外税 であるとか 経費で購入したものが税込表示 内税 であったとか 税抜表示 外税 であったとか そういったことは経理方式とはまったく関係がありません。商品を税抜表示で販売していても税込経理方式を選択することができます。

費用を計上する場合も同様です。

本体価格 100 + 消費税 10 のボールペンを購入した場合の仕訳は以下のようになります。

借方貸方
消耗品費110 現金110

難しくないですよね。

税抜経理方式 税込経理方式 という言葉を聞いたことがなくても 免税事業者から始めたフリーランスは自然と 税込経理方式 で仕訳をしてきたと思います。